設立趣旨

我が国は今、「2025年問題」をはじめ、多くの難題を抱えています。
しかし、未だこれらの難題を乗り越える具体策は見つかっていません。そこで私たちは、これらの難題を解決すべく、これまでになかった観点で、大胆且つ積極的な方向転換の取組みとして、核となる二つのプロジェクトを提唱してきました。

今の時代はコミュニケーション不足が原因で様々な問題が引き起こされています。そこでその解決策の 一つとして、小学校区を基本単位とするエリアに、その地域住民が相互援助する仕組みと教育改革を取り入れた「大家族型地域コミュニティ」を形成すること。もう一つは、東京一極集中を是正し地方創生を実現させるための「モデル都市」を建設することです。


民間任意団体であった未来都市会議は、2019年4月より非営利型一般社団法人みらい紀行として生まれ変わり、これら二つの取組みを通して我が国の問題を解決し、誰もが安心して幸せに暮らせる持続可能な未来型社会を創造することを目的とし、設立にいたりました。

プロジェクトに一人でも多くの賛同者が集まり、ご参画いただくことでプロジェクトの必要性を社会に訴える大きな力となります。また皆様のご協力が目的の実現を後押しする原動力になると確信しております。

未来の社会インフラの創出と実現を目的としたみらい紀行に、ぜひご参画くださいますよう宜しくお願い申し上げます。